掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!

main image

掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!

掌蹠膿疱症・汗疱・湿疹にお悩みの方必見!

  • 掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!

「掌蹠膿疱症」の原因が「お口の中」にある?!

掌蹠膿疱症や汗疱、湿疹などにお悩みの方、病院の何科にかかっていますか?

「皮膚科」に通われている方がほとんどではないでしょうか。

このようなお悩みはありませんか?



●皮膚科に長年通っていても良くならない。

●ステロイドや抗炎症薬を処方されて、良くなったり悪くなったりを繰り返す。

●ビオチン療法や漢方、紫外線療法、食事療法などを試したが良くならない。

●発症する前後に歯の治療を受けた記憶がある。

●歯の治療中に症状が良くなったり、悪くなったりしたことがあった。



このようなお悩みをお持ちの方、

実はお口の中に原因があるかもしれません!

掌蹠膿疱症は、歯科治療や口の中の炎症やと大きく関係しています。

掌蹠膿疱症・汗疱・湿疹など全身に関する知識とそれを引き起こしうる歯科治療に関しての知識と技術をもった歯医者」で治療を受けることで

歯科治療で改善するケースはたくさんあります。

  • 掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!

掌蹠膿疱症の原因になりえるもの

歯科領域で掌蹠膿疱症の原因となりえるものをいくつか挙げます。


 

①歯科治療で使われる金属

1番多いのが、歯医者さんで虫歯治療後に入れる金属です。

あなたのお口の中に金属は入っていませんか?

一般的な歯科医院では、虫歯を削ったり、なくなった歯を補うために金属の詰め物や被せ物を入れて治します。この金属が掌蹠膿疱症の根本的な原因または悪化の原因になることがあります。


 

②歯科材料(接着材、レジンなど)

被せ物と歯を接着させるための材料が原因となることもあれば、小さな虫歯を治す時に使われるレジンと呼ばれるプラスチックが原因になることもあります。歯の治療で使うすべての材料が原因になる可能性があります。

金属が入っていなくても、一度でも歯科治療を受けたことのある方は注意してください。


 

③お口の中の炎症

歯周病歯の根っこの先が膿んでいたり、お口の中に炎症がある場合は、悪化の原因になります。

また、歯の汚れ(プラーク、歯石)が多い方も要注意です。食べたり飲んだりする時に、食べ物・飲み物は口から入るため、必ずお口の中の汚れは一緒に飲み込みます。(汚れは24時間唾液と一緒に飲み込んでいます。)

口の中の汚れは、流れて体の中に溜まります。それが全身の病気や炎症のもとになります。

つまり、掌蹠膿疱症の悪化の原因にもつながります。


 

その他にも、

●掌蹠膿疱症の原因となっている物質の排泄能力(デトックス機能)の低下

喫煙

●睡眠不足やストレス過多など

さまざまな要素が絡み合って掌蹠膿疱症は発症・増悪します。

  • 掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!

当院の症例

ノア歯科クリニック中目黒では、掌蹠膿疱症を治すための治療というよりも、あなたに合った全身を考えた適切な歯科治療を行うことによって、何十年と改善されなかった掌蹠膿疱症の苦しみから解放できたケースがたくさんあります。

 

当院では、医科歯科連携の知識を織り交ぜながら、全身の健康をつくるための歯科治療をしております。

掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!



冒頭の症例写真と同じ患者さまですが、この患者さまはお口の中に金属は一切ありませんでした

《初診時の状態》2018年7月19日

・過去に虫歯になり、他院にてレジンという白いプラスチックの樹脂で多数の歯が治してありました。(金属なし)

・軽度~中等度の歯周病になっており、全体的に歯に汚れがついておりました。

<全身状態>

・皮膚科に通いさまざまな治療(ステロイドやビタミン処方など)を受けられるも改善せず、ご自身でも色々と試されたようですが、改善しなかったため、ご来院されました。

・歩くにも痛みが伴い、様々な場面で支障をきたしていらっしゃったようです。

 

《治療》

・歯科治療(歯周病治療、この方の体に合わないと考えられる材料の除去および虫歯治療+セラミック治療、かみ合わせ治療など)に併行して、歯科治療効果アップのためにデトックス治療を行いました。

セラミック治療・料金はこちら

 

《治療経過》

・歯科治療およびデトックス開始1週間後:一時的に悪化

・1週間後から徐々に良くなり、1ヶ月後には顕著な手足の改善が見られた。

・約1ヶ月半後の9月初旬には赤みや皮むけがだいぶ改善され、痛みもなくなり、歩くことにも支障がなくなった。

(9月末現在も治療途中)



 

WEB 予約はこちら(初診)

 



 

どんな病気でも、原因は一つではありません。

掌蹠膿疱症に関しても、もちろん歯科治療で良くなる方もいらっしゃれば、良くならない方もいらっしゃいます。

しかし、ひとつひとつ可能性がある要因を取り除くことが大切です。

もしかしたら、歯が原因かもしれないし、デトックス能力が低いことが原因かもしれない、食事が悪いのかもしれないし、喫煙やストレスなど色々な事が原因として考えられますが、原因を除去することは、掌蹠膿疱症だけではなく、すべての健康につながることだと思います。


ステロイドなどの薬による対症療法に長期間頼るのではなく、根本治療を行うことは健康にプラスになることはあってもマイナスになることはありません。

適切な歯科治療も健康にプラスになることはあってもマイナスになることは決してありません

掌蹠膿疱症だけでなく今後の全身疾患の発症の予防にもつながります。

歯の治療は全身を考えて診ることが非常に重要なのです。


掌蹠膿疱症・汗疱・アレルギー・湿疹などにお悩みの方は、一度お口の中の点検にいらっしゃってください。

お口の中に問題があるのかないのか、しっかりと拝見させていただきます。あなたのお悩みをお聞かせください。


 

WEB 予約はこちら(初診)

お電話でもご予約承ります。

03-5743-1456

 


 

◆ノア歯科クリニック中目黒HP TOP

  • 掌蹠膿疱症と歯科治療は大きく関係している!